2018年8月27日 月曜日

 

 

今日のニュース  こんにちは。COCOWAです。

 

 

本日も全国的に猛暑となるようです。

 

 

 

熱中症にならないように、水分・塩分をしっかり摂るように気をつけてお過ごしくださいね!

 

 

 

昨日は24時間テレビが放映されましたね。

 

 

24時間テレビの歴史は長く、1978年から毎年8月の土曜から日曜にかけて生放送されている日本のチャリティー番組です。

 

 

この番組は、チャリティーキャンペーン活動を行う番組として誕生しました。1978年当初は、年末年始や緊急時などを除いて、通常の放送を休止し、特別番組を終夜放送することは画期的な企画だったようです。

 

 

「チャリTシャツ」と呼ばれるチャリティー企画のシャツは、基本的に黄色をベースにしている。(他の色も配合されていますが)これは、映画『幸福の黄色いハンカチ』から採ったものだそうです。

 

 

そして、気になるのが「募金」です。

 

 

募金は経費を一切差し引いていないとのこと。

 

 

チェックポイント 全額が3つの支援活動に分配されて活用されています。

 

 

ポイント 「福祉」(高齢者や身体障害者への支援)

 

 

福祉車両の贈呈、身体障害者補助犬普及支援、障害者情報保障支援など

 

 

ポイント 「環境」(地球環境保護支援)

 

 

日本をきれいにするプロジェクト、全国各地での環境美化活動など

 

 

ポイント 「災害復興」(災害緊急支援)

 

 

日本国内・海外で発生した災害に対する緊急支援など

 

 

募金方法も様々でインターネット・クレジットカード・電話などからおこなうことができ、24時間テレビ内だけでなく、年間通して募金に参加できるとのことです。

 

 

私自身も1度、福祉車両を見かけたことがあります。

 

 

大きなロゴが入っていたので、たぶん、これかなぁ・・という感覚でした。

 

 

2018年はSexy Zoneがメインとなっていましたね。毎年、ジャニーズ関連の方が多いのですが、なんでなのでしょうか・・・?

 

 

 

チャリティーマラソン

 

 

24時間テレビといえば「チャリティーマラソン」

 

 

第15回(1992年)から毎年行っています。第1回目のランナーは「間寛平さん」当時43歳!凄いですね!!

 

しかし、残念ながら、途中棄権となり、完走することはできませんでした。その理由は、番組開始事前に、出発地からゴールとなる武道館までの経路を公開していたため、一目見ようと道路に人が殺到し、交通の妨げになってしまったのです。残り約50q時点での出来事でした。

 

 

翌年以降は、出発地やマラソン経路地は原則非公開となっているため、完走されています。そして、翌年もランナーは間寛平さんでした。

 

 

以降、間寛平さんは46歳の時にもランナーとして完走し、合計3回も出場なさってます。

 

 

2018年のランナー

 

 

そして、今年、41回目を迎えるランナーは「みやぞん」さんでしたね。

 

 

みやぞんさんは最近多くの番組に出演されており、見ない日はないのでは?と思うくらいです。

 

 

みやぞんさんってどんな人なの?

 

 

ANZEN漫才(あんぜんまんざい)のお笑いコンビの1人です。

 

 

本名

宮園 大耕
(みやぞの だいこう)

本名 1985年4月25日
趣味

多いです!!
野球・格闘・テニス・ギターなど。

 

 

 

さらに、ジャッキーチェンが好きで、あだ名はジャッキーだったとのこと。

 

 

また、相方の「あらぽん」さんとは、ともに足立区生まれで、保育園に通っていた1歳の時からの幼馴染だとのこと。

 

 

※ ここからは私のイメージです

 

 

みやぞんさんって、どんな時も敬語を使っており、いつも笑顔で、好印象です。時々、天然な性格も表れるところも好きです。そして、どんなことにもチャレンジ精神があり、素敵だなぁと思います。今回のマラソンでは、さすがに、笑顔も話し方もきつくなるのかな・・と思っていましたが、しんどくても、顔を歪めない、口調も厳しくない、そんな姿勢に感動しました。トライアスロンって聞くだけでも、きつそう、しんどそう、からだ壊れそうって思うのに、心が強いのかな?
自身も見習いたい部分であります。

 

 

 

考え方・思い方は人それぞれですので、つまらなかった・みやぞん嫌いって思っている方もいると思います。

 

 

ですが、みやぞんさんに私は勇気を貰いました。

 

 

今まで、24時間テレビを見たことは無かったのですが、ゴールシーンは感動ものでした。

 

 

 

チャリティーマラソン止めたほうがいいのでは

 

 

感動した企画に言うのも失礼かもしれませんが、
ここ数年、暑さが酷いため、距離を少なくしたり、何とかできないものなのか・・?と思ってしまいます。

 

 

ランナーの具合を悪くする姿を見ませんか?

 

真夏に限らず、長時間の運動は危険と隣り合わせです。

 

 

しっかり休息・水分補給・塩分補給をして、無理して完走しなくてもいいのでは・・。という気持ちにもなります (´;ω;`)

 

 

熱中症は怖いです。高熱・痙攣・意識障害・心肺停止など。最悪、死んじゃいますよ!!

 

 

 

 

トップへ戻る